• 共働学舎は、自給自足を目指してそれぞれの人が自ら持っている力を出し合い、共に暮らしている所です。
 

はじめてご注文されるみなさまへ

このたび寧楽共働学舎のオンラインショップにお越しいただき誠にありがとうございます。

私たちの肉製品は、寧楽共働学舎の中でこだわりを持って飼育した豚だけを原料としているため、生産量に限りがございます。

商品によっては、品薄・品切れになる場合があります。なにとぞご了承ください。

販売商品のご紹介




私たちは北海道産の小麦が8割入った餌を自家配合して、それを発酵させて豚に与えています。
つまり豚さんたちは毎日発酵食品を食べて育っています。
一般的な豚は経済的な回転率の合理性から生後6か月ほどで肉になりますが、私たちは生後9ヶ月ほどまで飼育します。
それは不経済でも豚肉本来の味、特に脂の旨味が上がるからです。


ソーセージなどの加工品はドイツで4年ほどの実習経験を積んだ者が中心に行っています。
しかしドイツの技術をそのまま持ってくるのではなく、日本の旨味を引き出す食材、
昆布、かつお節、椎茸、醤油などを使った日本独自の製品作りをしています。